メモ

思考の整理と露出癖を拗らせた結果です

面倒臭い人間の話

さっきたまたま阪神の話出して

阪神の事思い出して

YouTubeで動画観てた。

 

何を隠そう、僕は阪神タイガースを応援していた時期があるのだ。

 

 

元々僕は小学生の頃野球をしていて、そのチームメイトが全員阪神ファンだったので、「じゃあ俺は阪神じゃなくて近鉄応援するわ」みたいな面倒臭い奴だった。

そう、俺はこの世界に命を授かってからずっとひねくれているのだ。

 

右打ちの人多いって理由で左打ちに変えた。

スパイクは皆アシックスだったからZETTにした。

皆関西から出ないから関東にも出てきた。

自分の生き方は常に逆行の連続で、逆行することで心を落ち着かせる。

 

話逸れた。近鉄ファンから阪神ファンに変わった経緯や

 

そもそもの話、自分が子供の頃は阪神の野球を見て面白い思わんかった。

甲子園広すぎてホームラン出んし。

それに比べて近鉄中村ノリやタフィローズやら磯部やら吉岡やらのいてまえ打線は、子供ながらに試合見て楽しいわパワプロで使っても楽しいわで、ひねくれて応援し始めたものの応援するには充分すぎる魅力が揃っていた。

 

 

ところが近鉄は2005年にオリックスと合併して消滅したのである。

 

そんな事件もあり、

その頃まだ小学生で野球を観たかった僕は、こっそり阪神を応援しだすのであった。(かわいい)

父親も阪神ファンやしな。

父親が阪神ファンで何で最初から阪神応援せんねんって話やけども。

父親からの虎の英才教育を受けたものの、2003~2005の強い阪神でも俺の目にはさほど魅力的ではなかった。

 

ただ、父親から譲り受けた教えは1つだけある。

巨人は無理。

 

 

話を戻して

僕の阪神ファンだった期間は2006~2012ぐらいかな。

 

 

さっきまで動画観てて

その時の阪神のオーダーが美しすぎるねん。

 

 

 

1(中)マートン

2(二)平野

3(遊)鳥谷

4(三)新井

5(捕)城島

6(一)ブラゼル

7(左)金本

8(右)桜井

9(投)安藤

 

 

 

見てこれ。

美しすぎる。

勝つために洗練されておる(この年2位やったんやけどな)

 

 

このオーダー眺めてどんぶり3杯はいけるわ。

 

ブラゼル好きやったな~

アリアスよりもシーツよりも2010ブラゼルほんとに好き

 

 

リリーフ陣に藤川もおったし。

 

毎朝起きたら着替える前に新聞のスポーツ欄を見て阪神の勝敗をチェックしてた。

 

 

正直北方領土よりもこの頃の阪神を返してほしい。(嘘です)(冗談です)

 

 

このオーダーが自分の中の阪神の最高の形であった。

ここから衰退はしてないんやけど、引退やら怪我やらFAやら毎年チームの形が変わっていくのを見て「引き際やな」と思い、見なくなった訳でございます。

 

 

諸行無常であることよ。

 

嫌いになったわけでもなく、ただ去るという選択。

 

2010年阪神という自分の中での最高のオーダーが崩れていくところまで見届けたつもり。

 

 

その後の別のチームを俺は知らない。

 

 

 

 

 以上、黒歴史化決定の面倒臭い自分語りでした。

 

 

次は俺がこういう経験を通して得た見解"アイドルとかプロスポーツとか興行にハマる奴全員頭おかしい説"でも書くか。